東工務店 東1級建築設計事務所

┃ 健康な住まい

大切な家族の健康は住まいの健康からはじまります。

「 家中の温度差が極めて少ない 」 「 調湿して結露しない 」 「 家中の空気がきれい 」

私たちがご提案するのは健康に暮らせる低燃費な住まいです。


「断熱」がもたらす健康な住まいづくり

「断熱」と「健康」には密接な関係があります。

たとえば断熱レベルの低い住宅に良く見られる「結露」がもたらす健康被害を考えます。

ある健康に関するエビデンス集からのデータを抜粋しています。

下記の研究データをみてどう思うでしょう?( 数値は結露、カビのない住宅比 )

●リビング、寝室に結露が見られる住宅

咳症状:8.96倍  気道過敏症:2.45倍  喘息症状:2.41

●リビング、寝室にカビが見られる住宅

咳症状:3.56倍  気道過敏症:3.05倍  喘息症状:3.76倍 という結果がでています。

この数値をみてもまだ「結露」をほおっておけるでしょうか?

事故・死亡者の推移グラフ

このような症状ばかりではなく、心疾患や脳血管疾患を発症し死亡に至る人数は

1月をピークとして10月から5月まで1万人をかるく超えています。これらの原因は、室温が

低いことが原因と考えられられています。(18℃を許容範囲とし16℃以下では健康を害する)

なかでも脳卒中は寝室、浴室、トイレなどと室内で80%が発症しています。

日本では北海道などの全館暖房があたりまえの地域をのぞき部分間欠暖房が主流です。

断熱レベルの低い住宅では、部分間欠暖房が難しい室内で脳卒中が発症しやすいのです。

■この20年間で家庭内事故は年々上昇(高齢化社会と住宅の低断熱が大きく影響)

断熱レベルの低いままで設備や意匠にお金をかけること(多くの大手メーカーなどにみられる手法)は、

健康とも省エネともかけはなれた考え方だと思います。健康な家とはどんなものでしょう?

□□□  住まいづくりのすすめ方  □□□


「耐震改修」が必要な建物とは?

1981年(昭和56年)建築基準法施工令大改正により耐震設計が抜本的にみなおされ

耐震設計基準が大幅に改正され、現在の新耐震設計が誕生しました。

これにより2階建て木造住宅では必要壁量が約1.4倍に増えただけでなく、

耐力壁の種類における倍率も下方修正されており、土塗壁を例にとると1/2に、木ずり壁に

いたっては1/3にと大きく下方修正されています。

これらのことをふまえて壁量計算をした場合、耐力は必要量の半分にも満たないことに

なります。(家が骨粗しょう症のような状態になっているといえます)

しかもその壁量は最低限必要な量とされており、住宅金融支援機構の「フラット35」では

建築基準法で求める地震力の1.25倍以上の耐震性能を有した建物が融資条件です。


■リフォームをお考えの住まいが1981年(昭和56年)以前に建築された建物ならば、

最優先すべきは耐震改修であり、その他の性能向上をあわせておこなう大規模な改修工事

であれば建て替えという選択肢も用意しなくてはいけないでしょう。

□□□  住まいづくりのすすめ方  □□□

●兵庫県美方郡香美町香住区香住にある工務店です。設計から施工、品質管理、アフターサービスまで責任をもって提供させていただきます●

建築士会会員:ひょうご木の匠:兵庫県住宅改修業者:クリナップ水まわり工房会員

あんしん住宅瑕疵保険取扱店(10年保証):ジャパンホームシールド地盤保証取扱店:太陽光発電取扱店(10年保証施工店)