東工務店 東1級建築設計事務所

■ 大工の独りごと / 01 職人のこころ − 大工道具のひとつ鉋(かんな)の話



〜 職人は不器用です 〜

実父でもあり、優れた親方でもある親父の元に弟子入りした息子。兄弟子達に負けたくないと、

日々仕事に取り組んでいました。

ある程度職人として磨きがかかってきた頃… 自分の仕上げた柱と、親方の仕上げた柱の違いに気づきます。

それは、素人はもちろん兄弟子達にもわからない違いでした。息子はその日、親方の元を離れる決心をします。

理由もいわず出て行く息子を、もちろん親方や兄弟子達は止めました。

「どうしても行くなら二度と戻ってくるな!」親方が最後にかけた言葉でした。

独り、親方の元を離れてさらなる修行の日々がつづきました。

数年がたち…差出人不明の1通の封筒が親方の元に届きます。

もちろん息子から送られたものです。中には「鉋屑(かんなくず)」が一枚入っているだけでした。

兄弟子達には何のことか解りません。しかし…親方には一瞬で、その意味が解りました。 「みごとな鉋屑・・・」

それは、息子が親父と肩を並べた証でした。

息子は自分が納得できる「鉋屑」を出せたことを父親に報告したのです。

父は、息子が離れた訳と、どれだけ努力を重ねたか…すべてを理解し、離れた息子を許したといいます。

これは、職人として極みに達した者だけに そのすばらしさや難しさ、深さがわかるという「鉋」にまつわる話です。

しかし近年では、こうした「鉋」をかける仕事が少なくなってきているようです。

自然素材を加工して仕上げるのではなく、工業製品を張り合わせ、金具で固め、塗料でかくし、石油製品の

壁紙で仕上げるような家が目立ちます。

この時代の流れの中で、本当の職人という存在、技術を継承していく存在が少なくなっている現状は

悲しいことです。

 ■東工務店では鉋の仕上げにこだわり、柱の仕上げ1本1本をすべて機械鉋ではなく、手鉋で仕上げています。

このことに気づかれるお客様はあまりいらっしゃらないのですが、先日、完了検査にこられた年配の検査員さんが

お気づきになり感心されていました。

1人でも気づいてくれる人がいるのだと勇気をいただいた瞬間でした。

●兵庫県美方郡香美町香住区香住にある工務店です。設計から施工、品質管理、アフターサービスまで責任をもって提供させていただきます●

建築士会会員:ひょうご木の匠:兵庫県住宅改修業者:クリナップ水まわり工房会員

あんしん住宅瑕疵保険取扱店(10年保証):ジャパンホームシールド地盤保証取扱店:太陽光発電取扱店(10年保証施工店)